Sartre HTML Shop Grid Layou

家庭への支援

最近では父親も母親も働くという働き方が増えてきました。そんな時に大事になってくるのが保育所問題です。入れる保育所が減ってきているというのは日本全体で騒がれています。では具体的にどのような方法で預ければ良いのか見ていきます。

まず、年齢によっても異なってきます。0歳から2歳くらいまでであれば、保育所や一時預かり、認定こども園などがあります。3歳を超えてくると、保育所、幼稚園、一時預かりなどがあります。保育所にも認定保育所と認定外保育所などがあります。場所によって費用が異なったり、預かってくれる時間や預かってくれる制限(年齢など)が異なってきます。「保育所に入れない」と騒がれていますが、安価で入れる国や県などの施設はどうしても人気になってしまいます。草加市でも、認可外保育園が徐々に増えてきているので、色んな選択肢を見てみると良いでしょう。そして小学生になってからは、学童保育などもありますし、草加市だと「草加寺子屋」や「放課後こども教室」といったような、土曜日にいられる場所や、平日遅い時間までいられる場所もあります。

このように、親の働き方によって預けられる場所は色々ありますから、あうところを見つけるとよいでしょう。